●遺品整理業者につきまして

 

●遺品整理業者の選択
高齢化の増加する現代、遺品整理業者の数も急増しています。
要するに、ライバルが増えてきていますので、生き残る為には、ありとあらゆる方法を講じなければなりません。
そのため、トラブルも多く発生しているの事実です。

このページでは業者選びのポイントをご紹介させていただきます。

以下のポイントは特に重要な項目です。

・経験豊富な業者に依頼
経験が豊富なほどあらゆる状況にも対応ができるので、効率よく部屋の片づけをしていくことができます。
また、経験豊富な業者の方が、余計なオプションを付け加えることなく作業を進めていくので、費用を抑えることにも繋がります。

逆にまったく経験がない業者だと、余計なオプションをつけて費用が高くなる可能性があります。

・複数の業者の見積もりを取る
業者によって料金が変わってくるので、1つの業者のみで決めてしまうのはおススメしません。
それぞれ料金が異なるからこそ、それぞれの会社で見積もりを取るのは必須と言えます。

できるだけ早めに片付けをしたいと考えている人もいるはずです。
時間がたつほど腐敗が進み、追加料金が発生する可能性もあるので、緊急性を業者に伝えながら話すとスピーディーな対応をしてくれることになります。

・契約を急がせる、値段ばかりを強調する業者は避ける
経営状態の悪い業者の特徴に、安値を強調し、契約を急がせるという傾向があります。
更に、前金を要求する場合も目立ちます。
資金繰りが悪いですので当然のことですが、このような業者が心のこもった作業をする筈はありません。
挙句の果てに、お金だけを受け取り姿を消すことも否めません。

・遺品の価値を見出してくれる業者を選ぶ
遺品とは、亡くなった方の言わば、「心」「魂」「思い」ではないかと考えます。
端からは単なるゴミに見えるものでも、当人にとっては命より大切な物であることもあります。
遺品を単にゴミとみなし、一気に処分してしまうことは、故人に対してたいへんな失礼なことではないでしょうか。
私どもは、そう考えて遺品整理のお手伝いをさせていております。思わぬ高額な品物が出てきたり、遺族の方にもたいへん喜んでいただいております。

・契約時のポイント
契約書を交わす段階で、最も行っていただきたいのが、契約の様子をボイスレコーダーなどで録音しておくことです。
つまり、後でトラブルが発生した場合、言った、言わないのトラブルが予想できますので、動かぬ証拠は鬼に金棒になります。